ヒーリングとは

ヒーリングとは、身の回りのものを通して自分を見つめなおし、心身をリラックスさせることをいいます。
ヒーリングとして使われるものは、心理療法、アロマセラピー、マッサージ、自然食、絵画鑑賞、入浴などさまざまです。
心身に対するさまざまな働きかけによって、体がリラックスし、心が満たされることを「癒し」などとも言い、最近では癒しブームとして注目を浴びています。
癒し、と聞くと、リラックスして気持ちいいものかな、というイメージが湧く人が多いと思います。
ヒーリングと癒しとはどう違うのでしょうか?
ヒーリングには、癒しブームでもてはやされているモノや運動による刺激による一時的なリラックスではなく、日々繰り返されている感情にアプローチする専門的なものがあります。
ヒーリングによるアプローチにより、物事の感じ方が変わっていき、日々少しずつ心身が軽くなり、毎日が安定する。なかなか奥が深いものです。

アチューンメントとは

アチューンメント(Attunement)とは、ヒーリング能力を開くためのエネルギ−伝授のこと。レイキではよく使われる言葉です。エネルギー回路の修復ともいえる、一種の儀式的なことととらえてもいいでしょう。これによって自分にも他人にもヒーリングができるようになるのだそうです。

アチューンメントによって、自分の内なる世界の浄化に加え、自己の向上に役立つことになるのです。自分をもっと向上させたいということで、ヒーリングを学ぶ方もいます。アチューンメントを受けることで、難しい訓練などを受ける必要もないのです。

アチューンメントを受けると、他者を癒すことだけではなく、自己の内面の浄化や自己成長にもつながります。レイキではこのアチューンメントのプロセスに4段階設けている場合もあります。

アチューンメントについて

アチューンメントは、レイキヒーリングにおける周波数あわせといったものです。アチューンメントをするとき、受ける側というのはただ静かに椅子に座っているだけ。あとはヒーラーが導いてくれるのです。

アチューンメントなしでもヒーリングはできるのだそうですが、自分でエネルギーの流れを習得するよりも、実践者であるヒーラーからアチューンメントを受けたほうが、より早く相手にヒーリングできるようになるのです。

アチューンメントには4段階のプロセスがあります。それぞれ、
1.ファースト
2.セカンド
3.サード(マスター)
4.ティーチャー
と呼ばれています。先に進むほどよりヒーラーとしての癒しテクが充実するようになります。

ヒーリングの中で、レイキヒーリングは宇宙からのエネルギーをヒトに伝えて、心身を健康へと導いていくヒーリングです。アチューンメントは、ヒーリング能力を開発し、他人にもいいエネルギーを流すことができるようになるのです。ヒーラーデビューしたい方は、試しに受けてみるといいかも。

スポンサードリンク